エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 医のレシピ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

毒消し粗食レシピ|毒出し法

●食べ方の工夫で解毒する
悪玉の活性酸素を栄養素摂取で解毒

余分な活性酸素を除去するスカベンジャー(掃除屋)効果をもつ食材を摂る

【スカベンジャー成分を多く含む食材】
○各種ポリフェノール
 茶 大豆 みかん コーヒー ココア 赤ワイン

○キトサンフィル
 かぼちゃ 生サケ イクラ

○クルクミン
 カレー粉

○グルタチオン
 ブロッコリー ほうれん草

【スカベンジャービタミンを多く含む食材】
あさつき あしたば 枝豆 かいわれ大根 かぶ かぼちゃ クレソン 小松菜 シソ 
ししとう スイートコーン 大根の葉 高菜 チンゲン菜 ミニトマト ねぎ 野沢菜 
バジル パセリ 赤ピーマン ブロッコリー ほうれん草 三つ葉 わけぎ みずな

【スカベンジャー酵素を合成する食べ合わせ】
アミノ酸(良質たんぱく質)+ミネラル(鉄・セレン・マンガン・銅・亜鉛)

[メニュー例]
とうふ+ほうれん草=ほうれん草の豆腐和え
たまご+ほうれん草=ほうれん草の卵とじ
油揚げ+小松菜=小松菜と油揚げの煮びたし
たまご+にら=にらたま
鳥ひき肉+かぼちゃ=かぼちゃのそぼろ煮

毒出し粗食レシピ
―“昔ながらの料理”が毒を消す


 
 

ミョウバン消臭スプレーの作り方(レモンティーの香り)

世界最古の天然消臭剤ミョウバン

ヨーロッパでは古くからミョウバンが結晶化したアルム石を肌に塗ってニオイ対策に役立てていたそうです。
水虫菌に有効とされる紅茶ポリフェノール(テアフラビンやテアルビジン)とデオドラント効果の高い精油も活用したレシピになっています。レモンティーのような芳香で消臭と殺菌効果を発揮、ミョウバン水の水分が蒸発すると、ミョウバンが肌に残留して足裏の清潔を保ってくれます。
玄関マットや靴にスプレーすれば、精油成分が玄関からの虫の侵入も防いでくれます。
また、紅茶ポリフェノールはボツリヌス菌、大腸菌O-157などにも有効であることが確認されており、食中毒対策用のキッチンスプレーとして使うこともできます。

ミョウバンの効果
・酸性によるニオイ菌の抑制
・汗の分泌を抑えることによってニオイの元を作らない
・酸化還元反応による金属消臭によってニオイそのものを消臭する
・汗の成分アンモニア(アルカリ性)を中和消臭する

【材料】200㏄スプレーヤーの分量
・焼ミョウバン※・・・6g (濃度3%)
・紅茶リーフ・・・1-2g
・精製水・・・60㏄
・無水エタノール・・・140㏄ (濃度70%⇒細菌に対して最も消毒効果が高い)
・精油レモングラス・・・10滴(防虫、抗真菌、白癬・水虫・疥癬等の予防) 
・精油シトロネラ…10滴(防虫、抗真菌、アンモニア臭の吸収)

※生ミョウバンを使う場合は量を倍にしてください

【作り方】
①ガラス製スプレーヤーに注いだエタノールの中に滴下した精油をよく溶かします。
②精製水を沸かし、60㏄分の紅茶を作ります。
③飲みたくなる衝動をこらえます。
④紅茶が熱いうちにミョウバンを加えて良くかき混ぜます。最初は濁っていますが、しばらくかき混ぜていると完全に溶けてきます。冷めた紅茶の場合でもミョウバンは水溶性の為、半日から一日放置で溶けます。ミョウバンを溶かす前に乳鉢で粉状にすりつぶしておくとラクです。
⑤スプレーヤーに移し入れ、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※紅茶の色づき(テアフラビン色素)にお気をつけ下さい。
※容器や使用器具は殺菌消毒してお使いください。
※使う前はパッチテストを行なってください。
 
 

咳・かゆみ・痛みを鎮める軟膏の作り方

冷えによる神経痛や腰痛、風邪による呼吸器疾患、乾燥による痒み、しもやけ・あかぎれ等、寒い時期特有の症状に効く軟膏のレシピです。血行を促進し痛みを和らげ、背中や胸などに塗ると呼吸を楽にしてくれます。

【材料】
精油ベンゾイン(安息香・鎮咳・去痰・鎮痒・防腐)…2滴
精油サイプレス…1滴
精油ラベンダー…1滴
精油ペパーミント…1滴
精油パイン…1滴
精油ローズマリー…1滴
精油レモングラス…1滴
植物オイル…30ml
蜜蝋(ビーズワックス)…6g

【作り方】
①蜜蝋と植物オイルを耐熱容器に入れて湯煎で溶かします。
②粗熱がとれたら、精油を滴下し良くかき混ぜます。
③保存瓶に流し込み冷めて固まれば出来上がりです。

※直射日光の当たらない場所で保存

◎リップチューブに流し込んで携帯すると便利です(唇ケアとしても使えます)

【用途】
風邪 喘息 気管支炎 鼻水 鼻づまり 頭痛 筋肉痛 関節痛 腰痛 神経痛 リウマチ
老人性掻痒 ひび あかぎれ しもやけ 切り傷 擦り傷

主な成分と効能
ゲラニアール、ネラール、バニリン=鎮静、炎症を抑える
酢酸リナリル、安息香酸、=鎮静、真菌の繁殖を抑え感染を防ぐ
カンファー、メントン、イソ-メントン=粘液の流動性を高め、粘膜を鎮静し分泌過多を治す
1,8-シネオール=粘液を排出させる
α-ピネン=鎮痛、ウィルスを抑制する、発汗を促し体温を下げる
 
 

ホットワインの作り方|漢方薬膳

体を温め冷え性を改善してくれる薬膳酒です。
アルコールが苦手な方は、少し長めにワインを温めてください。

【材料】
・赤ワイン…400㏄ 
・丁子…2粒
・桂皮…1本
・なつめ…2-3粒
・枸杞の実…2-3粒
・陳皮(オレンジピール)…少量
・蜂蜜…お好みで

【作り方】
①赤ワインを弱火で温め、生薬を浸します。
②沸騰直前で火を止め20~30分程寝かせた後、生薬を引き上げます。
③お好みでレモンやオレンジのスライスを浮かべて、蜂蜜で甘みをつけたら完成です。

枸杞の成分と効能
たんぱく質、ビタミン、ルチン、ベタイン
強壮、消炎、解熱、補肝腎、生精血、明目(肝や腎を補い眼に良い)

中華料理やデザートのアクセントでおなじみの枸杞の実は肝腎機能をサポートしてくれる滋養効果の高い食材です。
肝は血液を補ったり、解毒作用の他にも目の機能にも関連しているので、視力低下や疲れ目に効果があります。
腎は水分代謝、成長やホルモン系に働きかける為、老化防止やアンチエイジングにつながります。

なつめの成分と効能
ビタミンB群、食物繊維
強壮・鎮静

中国の古典には「五果(すもも、あんず、桃、栗、なつめ)は助を為す」と記され、「なつめを一日3粒食べると老いない」とも言われており、様々な漢方薬に多用されています。
胃腸の働きを高め、食欲不振や虚弱体質、生理前の不定愁訴に効果があるとされています。

桂皮(シナモン)の成分と効能
プロアントシアニジン、タンニン
発汗・発散・健胃

漢方では肉桂といい、血行を促進して体を温め、腰や膝の痛みをとったり、腎機能を高める働きがあります。寒さからくる胃の痛みや生理痛も緩和してくれます。
寒性のバナナと相畏の関係(主とする食薬の毒性をもう一方の食薬によって軽減する)でベストな組み合わせです。

丁子(クローブ)の成分と効能
オイゲノール、タンニン
興奮刺激作用、去痰、駆風、鎮痛

肺と胃に対する刺激剤で、冷えを消散させリンパ液を浄化します。揮発性精油成分は強力な鎮痛剤になります。
歯痛に効果的(多量では歯肉を刺激することがあります)で、外用では湿疹を起こすので非常に薄くして用います。二歳以下の小児、妊婦、授乳婦には禁忌。
 
 

咳止め風邪シロップの作り方

かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱等)に効くシロップのレシピです。
カフェインを含んでいないので睡眠を妨げず、子供にも飲みやすい処方です。

【材料】
甘草、オレンジピール、アンズ(アプリコット)、ローズヒップを全体で50g
黒砂糖、甜菜糖など…250g
お水…250㏄

【作り方】
①生薬/ハーブを1時間位煎じ、ガーゼ等で濾します。最後の一滴まで良く絞ります。
②煎じ汁を再び沸かし、水分が全体の1/4になるまで煮詰めます。
③糖類を加えて良く溶かし冷まします。
④ガラス瓶に入れて栓をし保存します。冷蔵庫で1年間保存できます。
※シロップは発酵/熟成するので密閉にせずコルク等で栓をしてください。
※フレッシュハーブを使うとハーブコーディアルができます。その際はハーブの量を倍にしてください。

【飲み方】
一日三回 5㏄を服用します。
子供は半分量を。アイスやヨーグルトにかけたり、ジュース等で薄めると飲みやすいです。

去痰・鎮痛作用のある生薬/ハーブ
痰や粘液は体内のどこにでも蓄積していて、様々な腫瘍や腫瘤(多くは良性)の原因となります。
去痰作用のハーブは二つのタイプがあり、ショウガのようなハーブは乾性の作用によって粘液を取り去り、温性による発汗、駆風作用があります。
甘草のようなハーブは湿性の作用によって粘液を溶かして取り去り、冷性作用による鎮痛鎮静効果があり、湿疹や創傷、潰瘍を治す外用薬として使われたり、細胞成長を促し炎症を抑える働きも持ちます。
前者は寒気や湿気を感じる風邪に効果的で、後者は熱と乾燥性を消散させるので、空咳の出る呼吸器疾患に効果的です。
単独で用いず、それぞれの作用をバランス良く引き出す為に調合して用いられる事が多いです。

典型的な乾性ハーブ
ショウブ、カルダモン、シナモン、クローブ、ニガハッカ、ヒソップ、マスタード、オレンジピール、セージ


典型的な湿性ハーブ
ハコベ、コンフリー、牛乳、粗糖、マーシュマロウ


他 咳を鎮めるハーブ
アンズ、ベイベリー、マオウ、ユーカリ、タイム、ワイルドチェリー

乳幼児に避けたいハーブ
クローブ、シナモン、ジンジャー、セージ、タイム、バジル、ブラックペッパー、ヤロウ、レモングラス、ローズマリー
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。