エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 住のレシピ > エコ掃除方法 > 重曹・クエン酸・EMの使い方|洗面所掃除

 

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

重曹・クエン酸・EMの使い方|洗面所掃除

住のレシピエコ掃除方法

 洗面所常置:
 ①クエン酸柔軟剤⇒レシピ
 ②重曹ハミガキ粉⇒レシピ
 ③マウスウォッシュ⇒レシピ


 
 ●洗面台
蛇口部分は重曹ハミガキ粉をスポンジにつけてこすると重曹の研磨効果で輝きが戻ります。
洗面台シンクも同じようにこすると、塩による漂白と精油による抗菌も兼ねる事ができます。
また、就寝前などにEM酢プレーをシンクに吹きかけておけば、酢が石鹸カス(金属石鹸)の付着防止や水垢を中和し、善玉菌酵素が汚れを分解しておいてくれます。

 ●鏡
 マウスウォッシュを毛羽立ちしない布に湿らせて拭くとアルコール分でピカピカになります。

 ●排水溝
重曹と柔軟剤として常置しているクエン酸を3:1の割合で混ぜます。
排水溝の入り口付近まで、スプーンなどを使って流しこみます。
EM酢プレーを吹きかけるとアルカリと酸が反応して発泡しますので、そのまま暫く放置して泡のチカラと善玉菌酵素で汚れを分解させます。水で洗い流した後の残った汚れも柔らかくなっているのでブラシで簡単に落とすことができます。

●洗濯機
洗濯槽のカビとり手順
①洗濯槽の最高水位までお湯をはり衣類用として常置してある酸素系漂白剤を300g程入れて洗濯機を15分回します。カビや石鹸カスが浮かんできます。
(※重曹泉にしたお風呂の残り湯を温かいうちに使うと効果的です。)
②3時間程置いた後、もう一度洗濯機を数分回してから排水します。
③底に沈んて溜まっている黒カビカスを流す為に最低水位で水をはり回転させてから排水します。
④ゆるんだカビを剥す為に、再び最高水位まで石けん水をはり洗濯機を数分回してから排水します。
⑤最後に濯ぎとしてお水をはり柔軟剤として置いてあるクエン酸を大匙10杯程加えて数分回します。
(※このときEMWも40㏄程加えて一晩放置しておくと善玉菌酵素がとりきれていない汚れを分解してくれます。)
⑥EM酢プレーで洗濯機外側、ふたの裏側、水が届かない洗濯槽の一番上の部分などを拭き、善玉菌でコーティングしておきましょう。

洗濯槽のカビ対策
カビや石鹸カス自体の発生防止には濯ぎの度にEMWやクエン酸柔軟剤を加えたり、エアドライ/風乾燥機能があれば洗濯が終わった後に運転させておきましょう。使用後は風が通るように蓋は開けたままで。
関連記事
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。