エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 食のレシピ > 食材保存方法 > 野菜の保存|葉野菜・実野菜

 

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

野菜の保存|葉野菜・実野菜

食のレシピ食材保存方法

㌽1 野菜は呼吸しているので、できれば野菜専用の袋で保存します。ない場合は袋の口を開けておきます。

【葉野菜】

キャベツ・レタス
☛芯をくりぬいて水で濡らしたペーパーを詰め、保存用ポリ袋に入れておきます。

冬白菜
☛3枚位重ねた新聞紙に包んで冷暗所で保存します。

ほうれん草・小松菜・春菊・水菜
☛傷んでいる葉を取り除き、霧吹きで水をかけ新聞紙で包みます。保存用ポリ袋に入れ野菜室に立てて保存します。

セロリ
☛葉と茎を切り分け、葉は保存用ポリ袋に入れ、茎はペーパーで包んでからポリ袋で保存します。

長ネギ
☛冬は新聞紙で包み、立てた状態で冷暗所で保存します。泥つきのものは泥をつけたまま保存すれば一カ月はもちます。夏は適当な長さに切ってから保存用ポリ袋に入れ野菜室で保存します。

【実野菜】

トマト
☛青さが残っているトマトは室温で保存します。完熟トマトは野菜室でヘタを下にして平らに並べて保存します。

茄子
☛冬は常温で保存し、夏は保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。低音障害をおこしやすいので冷やしすぎに注意します。

ピーマン・パプリカ
☛買った時の袋から出して保存用ポリ袋に移して野菜室で保存します。

きゅうり・ゴーヤ
☛保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存。低音障害をおこしやすいので冷やしすぎに注意します。

ブロッコリー
☛保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。すぐに食べない場合はゆでて冷凍しておきます。

かぼちゃ
☛切ってあるものは種とワタを取り除いてラップで包み野菜室で保存します。丸ごとなら冷暗所で3カ月位もちます。






関連記事
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。