エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 食のレシピ > 酢/ビネガーの使い方[料理編]

 

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

酢/ビネガーの使い方[料理編]

食のレシピ

酢/ビネガーの料理における使い道

◎ゆで卵を作る時大さじ2杯の酢入れると卵の殻から白身がもれてくるのを防いでくれます。

◎肉をビネガーで洗うと生肉の腐敗を遅らせてくれます

◎ハムの切り口にビネガーを塗っておくとカビの発生を防いでくれます

◎ばら肉やシチュー肉を大さじ一杯の酢を入れてゆでるとお肉が柔らかくなります
また下準備で酢につけこんでおくと肉の腐敗も防いで柔らかくなります

◎フルーツを調理する時にビネガーを少し加えるとビタミンCの損失を少なく出来ます。(酵素活性抑制効果)

◎野菜やフルーツをきれいに洗うには、ビネガー溶液にくぐらせると汚れが剥離されるうえ、虫や雑菌を落としてくれます。

◎しなびた野菜をみずみずしくするには、ビネガーを小さじ1,2杯加えた冷水に放します。

◎ごぼう・うど・れんこん等を調理する時ビネガー溶液につけるとアクが良く抜けて、切り口も茶色く変色しないので、野菜を白く仕上げることができます。

◎里芋・やつがしらのぬめり、えぐみを取り除くのにビネガー溶液で洗います。

関連記事
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。