エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 美のレシピ > ヘアケア > ハーブビネガー リン酢の作り方

 

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ハーブビネガー リン酢の作り方

美のレシピヘアケア

フルーツ酸たっぷリン酢 フルーティーシトラスの香り

クエン酸やビネガーにはミネラルの他に、皮膚の再生を促すことで知られるAHAというフルーツ酸が含まれています。
お掃除にも大活躍のクエン酸水ですが、化粧品グレードのものじゃないと分子が大きすぎて肌や髪に浸透しないため、浴室保管にも耐えられ日持ちもし、ついでにハーブの漬込みもできる酢/ビネガーを有効利用したレシピになっています。
ハーブにはそれ自体にクエン酸が豊富に含まれているハイビスカスと毛母細胞を活性化してくれるアミノ酸を含有し、毛根に栄養を与え外部刺激を受けにくい健康な髪にしてくれるオレンジピールを。またヘアケアには欠かせないベタインが、石けんシャンプーの刺激を和らげてフケや頭皮の痒みも抑えてくれます。

ベタインの効果
・フルーツ酸よりも穏やかな角層柔軟効果
・保湿・静電気防止
・界面活性剤の刺激緩和
・髪の毛の柔軟性や弾力性改善
・キューティクル保護作用

[材料]
・ハーブビネガー オレンジピール※ 100㏄
・ハーブビネガー ハイビスカス※ 200㏄
・ベタイン 大匙1
・精油リッツァクペパ 15滴
・精油レモングラス 5滴

フルーツ入りハーブティーの出涸らし等でも構いません ハーブビネガーの作り方

[作り方]
材料をよく混ぜ合わせれば出来上がりです。
[使い方]
石けんをよく洗い流してから、お湯1リットルに対して大匙1のリン酢を加えて髪の毛に馴染ませながら濯いで下さい。最後にお湯だけでもう一度濯ぎます。
(リン酢をスプレーヤーに入れて、直接吹きかけて使うのも髪に満遍なく行き渡るのでオススメです。)


クエン酸水やビネガーですすぐだけでは物足りない、
だけどオイルを髪につけるのは重たすぎるという方の為に↓
[応用編] トリン酢メントの作り方

リン酢300㏄の中に椿オイルなどの植物オイル10㏄を混ぜ合わせて下さい。
ドレッシングと同じ要領で使う前に必ず振って下さい。
ビネガーは酢酸という酸で、油もオレイン酸やリノール酸などの酸。
親戚のような関係なので混ざると親和します。
関連記事
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。