エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 素材事典 > クレイの効果と使い方

 

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

クレイの効果と使い方

素材事典

クレイはさまざまな種類の岩石が長い年月のうちに大地に暮らすさまざまな生き物の養分を取込み、熱や水や圧力などの影響を受けながら細かくなったものです。医聖とよばれるヒポクラテスやナイチンゲールは医療目的に、クレオパトラは美顔用に、ネイティブアメリカン(インディアン)は生活の中で役立てたそうです。現在でも医療や美容でクレイセラピーとして取り入れられています。
クレイの成分の半分はシリカ(ケイ土)で、残りの半分はミネラル(亜鉛、カルシウム、鉄分、ナトリウム、マグネシウムなど)や酵素が含まれています。
クレイが水を含むとマイナスイオンを帯びます。有害物質や毒素などはプラスに帯電していますので、クレイがこれらの有害物質やアクネ菌、余分な皮脂を吸着し、除菌作用も相まって肌をきれいにしてくれるというわけです。
またクレイにはミネラルが豊富に含まれており、肌の新陳代謝を促したり、おだやかなピーリング効果で肌のくすみや小じわを目立たなくしてくれます。

クレイの作用
・吸収作用(液体をひきしめる働き)
・吸着作用(老廃物などプラスイオンを分子中に取り込む働き)
・病原菌鎮静作用
・細胞や組織の再生促進作用
・抗炎症作用
・殺菌作用
・免疫促進作用
・pH調整作用

クレイの使い方
パウダーファンデーション
水おしろい
ボディパウダー
関連記事
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。