エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 2010年08月

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

かゆみ止めローションの作り方

グリチルリチンとして多くの皮膚炎治療薬に配合され生薬の王様と呼ばれている甘草とハーブの女王と呼ばれアルテテラピーやアトピー治療でもポピュラーなヨモギを活用した皮膚炎治療薬のレシピです。
かゆみ止めの他、日焼け後のほてりを鎮めるカーマインローションや色素沈着を防ぐスポットローションとしても使えます。


[材料]
・酸化亜鉛(収斂・抗炎症・緩和な防腐)・・・小さじ3
・クレイ(抗炎症・抗菌・瘢痕形成)・・・小さじ1
・甘草エキス(美白・抗炎症・抗アレルギー・鎮痒)・・・小さじ1
・よもぎエキス(保湿・抗アレルギー・鎮痒・抗炎症)…小さじ1
・ローズマリーエキス(消炎・抗菌・抗酸化・防腐)…小さじ1/2
・精製水・・・80ml
生薬エキス/チンキの作り方

[作り方]
①乳鉢の中に酸化亜鉛とクレイ、各エキスを入れ、乳棒ですり混ぜます。
②精製水を少しずつ加えながら、よくすり潰します。
③保存容器に流し込めば出来上がりです。

※冷蔵庫に保存すれば3ヶ月位もちます。使わない分は冷凍保存できます。

[用途]
・汗疹や湿疹、かぶれ、ただれに
・アレルギーなどによる皮膚の痒みに
・ニキビや皮膚炎の化膿止めに
・日焼け後のほてりを鎮めるカーマインローションに
・シミやニキビ跡の色素沈着を防ぐスポットケアに

※使う前はよく振ってください。
※パッチテストを行なってからお使い下さい。
スポンサーサイト
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。