エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 2010年07月

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ヘナの効果と染め方

ヘナはミソハギ科の植物の葉をパウダー状にした天然の染色剤で、インドのアーユルヴェーダでは古来よりヘアトリートメントや皮膚の炎症を緩和する薬剤として使われてきました。また、ヘナは本来、ご神木でヒンズー教の神へのお祝いや儀式の時に使われてきたもので、魔よけや浄化アイテムでもあったようです。

ヘナの効果・毛根の汚れをとり育毛を促す
・髪に艶を与える
・殺菌効果
・紫外線から髪を守る

[材料]
・ヘナ
 部分染め・・・30-50g
 ショートヘア・・・50-100g
 ロングヘア・・・100-200g
・紅茶orプーアール茶の浸出液・・・ヘナの量の3倍(タンニンが色を長持ちさせます)

[作り方]
①紅茶やプーアール茶の浸出液を温めます。
②容器の中にヘナと浸出液を入れて、よく練り混ぜます。
③マヨネーズのような硬さになったら、3時間程寝かせておきます。

[染め方]
①シャンプーをして髪を湿らせます。
②コームやハケを使って、ヘナを塗っていきます。
③塗り終わったらシャワーキャップをし、さらにタオルでくるみます。気温の高い方が染まりやすい為、気温の低い時期はシャワーキャップの上からドライヤーの温風を当てると染まりやすくなります。
④1-3時間放置したら、お湯でヘナを洗い流します。
スポンサーサイト
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。