エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 2008年01月

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ミョウバン消臭スプレーの作り方(レモンティーの香り)

世界最古の天然消臭剤ミョウバン

ヨーロッパでは古くからミョウバンが結晶化したアルム石を肌に塗ってニオイ対策に役立てていたそうです。
水虫菌に有効とされる紅茶ポリフェノール(テアフラビンやテアルビジン)とデオドラント効果の高い精油も活用したレシピになっています。レモンティーのような芳香で消臭と殺菌効果を発揮、ミョウバン水の水分が蒸発すると、ミョウバンが肌に残留して足裏の清潔を保ってくれます。
玄関マットや靴にスプレーすれば、精油成分が玄関からの虫の侵入も防いでくれます。
また、紅茶ポリフェノールはボツリヌス菌、大腸菌O-157などにも有効であることが確認されており、食中毒対策用のキッチンスプレーとして使うこともできます。

ミョウバンの効果
・酸性によるニオイ菌の抑制
・汗の分泌を抑えることによってニオイの元を作らない
・酸化還元反応による金属消臭によってニオイそのものを消臭する
・汗の成分アンモニア(アルカリ性)を中和消臭する

【材料】200㏄スプレーヤーの分量
・焼ミョウバン※・・・6g (濃度3%)
・紅茶リーフ・・・1-2g
・精製水・・・60㏄
・無水エタノール・・・140㏄ (濃度70%⇒細菌に対して最も消毒効果が高い)
・精油レモングラス・・・10滴(防虫、抗真菌、白癬・水虫・疥癬等の予防) 
・精油シトロネラ…10滴(防虫、抗真菌、アンモニア臭の吸収)

※生ミョウバンを使う場合は量を倍にしてください

【作り方】
①ガラス製スプレーヤーに注いだエタノールの中に滴下した精油をよく溶かします。
②精製水を沸かし、60㏄分の紅茶を作ります。
③飲みたくなる衝動をこらえます。
④紅茶が熱いうちにミョウバンを加えて良くかき混ぜます。最初は濁っていますが、しばらくかき混ぜていると完全に溶けてきます。冷めた紅茶の場合でもミョウバンは水溶性の為、半日から一日放置で溶けます。ミョウバンを溶かす前に乳鉢で粉状にすりつぶしておくとラクです。
⑤スプレーヤーに移し入れ、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※紅茶の色づき(テアフラビン色素)にお気をつけ下さい。
※容器や使用器具は殺菌消毒してお使いください。
※使う前はパッチテストを行なってください。
スポンサーサイト
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。