エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 2006年04月

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

重曹・クエン酸・EMの使い方|お風呂掃除

バスルーム常置:重曹入浴剤(⇒レシピ) リン酢(⇒レシピ

●排水溝…重曹入浴剤をカップ1程度をふりかけ、リン酢を大匙4杯程注ぎます。発泡してくるので、そのまましばらく放置し、泡のチカラでヌメリや悪臭をとってもらいます。水で洗い流して残った汚れも柔らかくなっているので、シャワーの水流だけでも簡単に落ちていきます。
細かい部分の汚れは古い歯ブラシなどで落とします。
お風呂使用後にEMWキャップ1程垂らしておくと善玉菌が住み着いてブラシが届かない箇所の汚れ落としやカビ等の付着防止に効果的です。強力なカビとり剤を使わないので手荒れもせず、ゴム手袋をはめなくても最後までヌメリに触れることなく掃除できます。

●浴槽・・・湯垢、皮脂などの酸性汚れはアルカリ性の重曹で撃退します。軽い汚れなら、軽くこするだけでツルツルに。重曹はプラスチックよりも柔らかい粒子なので傷もつかずオススメです。
また重曹泉にすると湯垢そのものがつきづらくなります。

●壁・・・タイル目地などのカビには酸素系漂白剤と重曹入浴剤を水で練ったものをブラシにつけてこすり、しばらくパックした後洗い流します。仕上げに、リン酢を含ませた吸水タオル等で壁を拭いておけば酢が水垢やカビの発生を防いで、精油成分が壁を抗菌してくれます。

●桶/いす/シャンプーラック・・・重曹入浴剤をふりかけてこするだけでも落ちますが、あまり触りたくないカビ汚れがついてしまった場合は浴槽でつけ置き漂白します。温かい残り湯に酸素系漂白剤を入れて桶や椅子、シャンプーラックなどを漬けて一晩放置。重曹泉にした時の残り湯を使えば、さらに効果的です。

●シャワーヘッド…白くこびりついたカルシウム汚れは桶に水をはり、リン酢大匙1とEMWキャップ1を加えて一晩つけて置きます。汚れが柔らかくなったところへ重曹入浴剤をふりかけてブラシでこすり落とします。

●水栓金具…重曹入浴剤に水を加えて耳たぶ程度のペースト状にし歯ブラシなどにつけてこすると輝きが戻ります。仕上げにリン酢を含ませた布で拭き、水垢がつかないようにコーティングしておきます。

●串/ブラシ…お湯をはった桶に重曹入浴剤を大匙1程度加えて浸けておくと、アルカリ成分が酸性汚れの皮脂を落としてくれます。

●鏡…リン酢を湿らせた布で拭くとピカピカになり、水垢の付着防止もできます。頑固なうろこ取りにはリン酢で湿布をしてから、重曹入浴剤をペースト状にし、こすり落とすという作業を繰り返すと徐々に薄くなっていきます。

お風呂のカビ対策
お風呂の使用後に冷水シャワーを壁や床にかけることで浴室温度を下げ、換気しておきます。
残り湯にEMWをキャップ一杯垂らしておくようにすると善玉菌が住み着いて浴室内全体をカビの発生しづらい環境に保ってくれます。
出来れば水滴を吸水タオルやスポンジで拭いておくと、さらに効果的です。
マイクロファイバーのタオルは吸水力もあり、拭きながら湯垢や石けんカスまで絡め取ってくれるので一石二鳥アイテムです。
スポンサーサイト
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。