エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 美のレシピ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

乳化剤を使わない乳液/クリームの作り方

安眠と美肌を一挙両得
皮膚呼吸を妨げない乳液 モンモリロ★ナイトケア

あかぎれ、しもやけ、乾燥による肌荒れに良く効き、肌のハリを高める作用のほか、精神的疲労や消耗も取り去ってくれるベンゾインと不眠症を改善し寝ている間に新しい細胞の成長を促してくれるラベンダー、そして、有効成分を肌深部に届けて包摂し、翌朝まで水分の蒸散を防いでくれるモンモリロナイトを活用したクリーム様乳液です。バニラとラベンダーが絶妙にマッチした優しい芳香で、美肌のみならず夜間特有の呼吸器系疾患も穏やかに鎮めてくれます。
また、クリーミーでありながら伸びが良く、しっとりさらさらなつけ心地なので寝具を汚さずに済み、目元口元までふっくらに仕上げてくれるので美容オイル+アイクリームと重ね塗りする必要もなくなります。
紫外線防止効果やうろこ状の皮膜バリア能を有するモンモリロナイトが、皮膚の凸凹や毛穴を消して肌理を整えてくれるので、化粧下地、水仕事前のハンドヴェール、UVカット乳液やクリーミーファンデーション等にも応用可能です。

【材料】
精製水…60ml
植物オイル…40ml
蜜蝋…4g
精油ベンゾイン(安息香)…14滴 
精油ラベンダー…6滴
ナトリウム・モンモリロナイト※1…小匙4
ヨクイニンエキス※2(保湿・美白)…小匙1 
トレハロース(高保水能)…小匙1
ベタイン(高保湿)…小匙1
クエン酸(ph調整)…薬匙2

※1 ねんどの粉(210円)送料無料 ※2 ⇒チンキ/エキスの作り方

【作り方】 
①精製水、モンモリロナイト、トレハロース、クエン酸を良く混ぜ合わせて5分程置いておきます。
 クレイが水分を含んで膨らんできます。
②その間に耐熱容器に入れたオイルと蜜蝋を湯煎しながら良く溶かします。
③火を止めて①を数回に分けて少しずつ投入しながら、素早く混ぜていきます。
④モンモリロナイトの乳化作用で油分と水分が混ざり合い、乳液状になってきます。
⑤お湯から引き上げ粗熱がとれたら精油を滴下し、良くかき混ぜれば出来上がりです。

※ベンゾインによる防腐作用で常温保存可能ですが、1-2週間程度で使い切るようにしてください。
スポンサーサイト
 
 

ヘナの効果と染め方

ヘナはミソハギ科の植物の葉をパウダー状にした天然の染色剤で、インドのアーユルヴェーダでは古来よりヘアトリートメントや皮膚の炎症を緩和する薬剤として使われてきました。また、ヘナは本来、ご神木でヒンズー教の神へのお祝いや儀式の時に使われてきたもので、魔よけや浄化アイテムでもあったようです。

ヘナの効果・毛根の汚れをとり育毛を促す
・髪に艶を与える
・殺菌効果
・紫外線から髪を守る

[材料]
・ヘナ
 部分染め・・・30-50g
 ショートヘア・・・50-100g
 ロングヘア・・・100-200g
・紅茶orプーアール茶の浸出液・・・ヘナの量の3倍(タンニンが色を長持ちさせます)

[作り方]
①紅茶やプーアール茶の浸出液を温めます。
②容器の中にヘナと浸出液を入れて、よく練り混ぜます。
③マヨネーズのような硬さになったら、3時間程寝かせておきます。

[染め方]
①シャンプーをして髪を湿らせます。
②コームやハケを使って、ヘナを塗っていきます。
③塗り終わったらシャワーキャップをし、さらにタオルでくるみます。気温の高い方が染まりやすい為、気温の低い時期はシャワーキャップの上からドライヤーの温風を当てると染まりやすくなります。
④1-3時間放置したら、お湯でヘナを洗い流します。
 
 

ボディパウダーの作り方

あせも/湿疹対策、デオドラント、化粧崩れ防止に
マクロビオティックなボディパウダー

オーガニックコスメのアタノール(スイス)ロゼタピオカパウダーとENESSAのライコシルクパウダー(※)をもとに発案したレシピです。
鉱物のタルクは使わずに、植物性素材のコーンスターチ、タピオカ粉末、本葛粉末を主成分としています。
薄くセンシティブな赤ちゃんのお肌や大人の敏感肌に。化粧崩れやテカリ防止用ルースパウダーに。

※ミッシェル・オースティンが肌のトラブルが絶えなかった息子の為に『お肌にやさしい、でもしっかりと、そして速効に不快感をなくしてあげられる』パウダーを追究し作り上げたのがライコシルクパウダー。コスメの審美眼が優れ、いち早く「オーガニック」や「マクロビオティック」に寓目したロス暮らしのママたちの間で評判になり、全米へと広がりました。

【材料】
・コーンスターチ・・・小さじ2
・タピオカ粉(汗を吸着)・・・小さじ1
・本葛粉末・・・小さじ1
・ホワイトクレイ(カオリン)・・・ 小さじ4
・酸化亜鉛(湿疹・皮膚炎・汗疹・痒みに)・・・小さじ1
・精油ラベンダー(傷の修復)・・・8滴

【作り方】
乳鉢に材料を全て加え乳棒ですり混ぜれば出来上がりです。

※湿気をさけて密閉して保存して下さい。
※半年を目安に使い切るようにして下さい。
※お好みでハーブパウダーを加えても構いません。

◎タピオカ粉はお菓子作りは勿論、片栗粉の代わりとしてお料理に使えます。ホットケーキやパン作りに加えるとモチモチとした食感になります。
葛根湯の基材として知られている本葛粉は、葛湯にして飲むと体を温めてくれるので冷え性改善に、また腸壁を保護してくれるので胃腸の弱い方に重宝します。

◎首の後ろ、脇の下にパウダーを叩いてから洋服を着ると、汗ジミによる繊維の黄ばみや皮脂汚れの付着をふせいでくれます。









 
 

石けんを自分好みにカスタマイズ♪リバッチレシピ

石けんライフを始たいけど石けんを作るのって面倒そうだな~という方にオススメなのが純石けんをリメイクするリバッチ石けん。
自分の肌質に合わせて簡単にアレンジでき楽しく作れます。
今回は黒糖の成分コクトオリゴの保湿と美白が期待できるしっとりレシピを紹介します。
カフェオレブラウン色とシナモンの香りで思わず食べてしまいたくなる石けんが出来上がりますよ♪

[材料]
ねば塾石けんのような純せっけん100g
・精製水 大さじ2
粉黒糖小さじ1
・シナモン少量

[作り方]
①石けんをおろしがねで細かくすりおろし粉状にします。
②耐熱容器におろした石けんと精製水を入れ、中火で湯せんにかけます。
③石けんが融けてきたら軽く混ぜます。水分が足りなければ少量ずつ水を足して、 黒糖とシナモンを加え混ぜます。
④やわらかいペースト状になったら火から降ろし、型に入れトントンと作業台にたたきつけて余分な空気を抜きます。
※素早くしないとどんどん冷えて固まってしまうので注意して下さい
※型は牛乳パックやお豆腐パックなど、やわらかい材質のものの方が取り出しやすいです。
⑤石けんが固まるまで約24時間放置します。
⑥固まったら型から取り出して約4日間くらい乾燥させます。
 
 

ドライシャンプーの作り方

入浴できない時などに
水のいらないシャンプーの作り方

[材料]化粧水瓶100㏄分量

・ローズマリーチンキ※(エタノール抽出) 20㏄(防腐兼頭皮収斂・フケ抜け毛防止・髪質改善)
・ヨモギチンキ※(エタノール抽出) 5㏄(鎮痒・頭皮養潤)
・クエン酸 薬さじ½(髪に付着したタバコ臭等の消臭・キューティクル保護・静電気防止)
・精製水(or蒸留水)80㏄弱

※⇒ハーブチンキの作り方 

[作り方]
①アルコールまたは煮沸消毒したガラス製の容器に各チンキと精油を加え、よく振り混ぜます。
②精製水を注ぎ入れます。
③クエン酸も加え、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※チンキが作れない場合は、消毒用エタノールを10%加えたもので構いません。
※お好みで清涼感のあるミント精油などを加えて下さい。
※パッチテストを行ってからお使いください。

[使い方]
①蒸しタオルで頭皮をマッサージしながら、髪全体を湿らせます。
②ドライシャンプーを頭皮にスプレーし、よくすり込みます。
③蒸しタオルで髪の毛を挟むようにしながら拭きとります。
④最後に乾いたタオルで髪を乾かします。
◎クシやブラシにガーゼ等をかぶせて髪を梳かすと効果的です。

入浴できない時の清拭剤 酵素ローションの作り方

 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。