エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > ヘアケア

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ヘナの効果と染め方

ヘナはミソハギ科の植物の葉をパウダー状にした天然の染色剤で、インドのアーユルヴェーダでは古来よりヘアトリートメントや皮膚の炎症を緩和する薬剤として使われてきました。また、ヘナは本来、ご神木でヒンズー教の神へのお祝いや儀式の時に使われてきたもので、魔よけや浄化アイテムでもあったようです。

ヘナの効果・毛根の汚れをとり育毛を促す
・髪に艶を与える
・殺菌効果
・紫外線から髪を守る

[材料]
・ヘナ
 部分染め・・・30-50g
 ショートヘア・・・50-100g
 ロングヘア・・・100-200g
・紅茶orプーアール茶の浸出液・・・ヘナの量の3倍(タンニンが色を長持ちさせます)

[作り方]
①紅茶やプーアール茶の浸出液を温めます。
②容器の中にヘナと浸出液を入れて、よく練り混ぜます。
③マヨネーズのような硬さになったら、3時間程寝かせておきます。

[染め方]
①シャンプーをして髪を湿らせます。
②コームやハケを使って、ヘナを塗っていきます。
③塗り終わったらシャワーキャップをし、さらにタオルでくるみます。気温の高い方が染まりやすい為、気温の低い時期はシャワーキャップの上からドライヤーの温風を当てると染まりやすくなります。
④1-3時間放置したら、お湯でヘナを洗い流します。
スポンサーサイト
 
 

ドライシャンプーの作り方

入浴できない時などに
水のいらないシャンプーの作り方

[材料]化粧水瓶100㏄分量

・ローズマリーチンキ※(エタノール抽出) 20㏄(防腐兼頭皮収斂・フケ抜け毛防止・髪質改善)
・ヨモギチンキ※(エタノール抽出) 5㏄(鎮痒・頭皮養潤)
・クエン酸 薬さじ½(髪に付着したタバコ臭等の消臭・キューティクル保護・静電気防止)
・精製水(or蒸留水)80㏄弱

※⇒ハーブチンキの作り方 

[作り方]
①アルコールまたは煮沸消毒したガラス製の容器に各チンキと精油を加え、よく振り混ぜます。
②精製水を注ぎ入れます。
③クエン酸も加え、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※チンキが作れない場合は、消毒用エタノールを10%加えたもので構いません。
※お好みで清涼感のあるミント精油などを加えて下さい。
※パッチテストを行ってからお使いください。

[使い方]
①蒸しタオルで頭皮をマッサージしながら、髪全体を湿らせます。
②ドライシャンプーを頭皮にスプレーし、よくすり込みます。
③蒸しタオルで髪の毛を挟むようにしながら拭きとります。
④最後に乾いたタオルで髪を乾かします。
◎クシやブラシにガーゼ等をかぶせて髪を梳かすと効果的です。

入浴できない時の清拭剤 酵素ローションの作り方

 
 

トレハロース化粧水の作り方

フェイス&ヘアスプレーの作り方しっとりッチ トレハローション

角質層の水分保持能力の高いことで知られるトレハロースに組み合わせると相乗効果を発揮するベタインを配合させました。無色透明の化粧水なのでスプレーやミストにして使う事ができ、肌への小まめな水分補給に最適です。 また、クエン酸とローズマリー配合でヘアスプレーとしても兼用できます。朝の寝ぐせ直しに使用すれば、精油が脳の海馬へ働きかけ、すっきりと覚醒させてくれます。
(ローズマリーチンキも加えても構いません。スプレーする際は洋服への色移りにお気をつけ下さい。)

[材料]化粧水瓶100㏄分量
・トレハロース 小さじ1
・ベタイン 小さじ1(キューティクル保護・髪質柔軟化)
・ブチレングリコール 5㏄(防腐兼保湿)
・クエン酸 薬さじ½(髪に付着したタバコ臭等の消臭・キューティクル保護・静電気防止)
・精製水(or蒸留水)90㏄
・精油ローズマリー(頭皮収斂・フケ防止・しみシワたるみ改善) 5滴 

[作り方]
①アルコールまたは煮沸消毒したガラス製の容器にブチレングリコールと精油を加え、よく振り混ぜます。
②精製水を注ぎ入れます。
③クエン酸、トレハロースとベタインも加え、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※3-4週間を目安にお使いください。糖による防腐効果で多少日持ちします。
※パッチテストを行ってからお使いください
トレハロース化粧水ラベル 

☜化粧水ラベルとしてお役立てください
 
 

ハーブビネガー リン酢の作り方

フルーツ酸たっぷリン酢 フルーティーシトラスの香り

クエン酸やビネガーにはミネラルの他に、皮膚の再生を促すことで知られるAHAというフルーツ酸が含まれています。
お掃除にも大活躍のクエン酸水ですが、化粧品グレードのものじゃないと分子が大きすぎて肌や髪に浸透しないため、浴室保管にも耐えられ日持ちもし、ついでにハーブの漬込みもできる酢/ビネガーを有効利用したレシピになっています。
ハーブにはそれ自体にクエン酸が豊富に含まれているハイビスカスと毛母細胞を活性化してくれるアミノ酸を含有し、毛根に栄養を与え外部刺激を受けにくい健康な髪にしてくれるオレンジピールを。またヘアケアには欠かせないベタインが、石けんシャンプーの刺激を和らげてフケや頭皮の痒みも抑えてくれます。

ベタインの効果
・フルーツ酸よりも穏やかな角層柔軟効果
・保湿・静電気防止
・界面活性剤の刺激緩和
・髪の毛の柔軟性や弾力性改善
・キューティクル保護作用

[材料]
・ハーブビネガー オレンジピール※ 100㏄
・ハーブビネガー ハイビスカス※ 200㏄
・ベタイン 大匙1
・精油リッツァクペパ 15滴
・精油レモングラス 5滴

フルーツ入りハーブティーの出涸らし等でも構いません ハーブビネガーの作り方

[作り方]
材料をよく混ぜ合わせれば出来上がりです。
[使い方]
石けんをよく洗い流してから、お湯1リットルに対して大匙1のリン酢を加えて髪の毛に馴染ませながら濯いで下さい。最後にお湯だけでもう一度濯ぎます。
(リン酢をスプレーヤーに入れて、直接吹きかけて使うのも髪に満遍なく行き渡るのでオススメです。)


クエン酸水やビネガーですすぐだけでは物足りない、
だけどオイルを髪につけるのは重たすぎるという方の為に↓
[応用編] トリン酢メントの作り方

リン酢300㏄の中に椿オイルなどの植物オイル10㏄を混ぜ合わせて下さい。
ドレッシングと同じ要領で使う前に必ず振って下さい。
ビネガーは酢酸という酸で、油もオレイン酸やリノール酸などの酸。
親戚のような関係なので混ざると親和します。
 
 

髪と頭皮を再生させるリン酢の作り方

お風呂場お掃除兼用シンプルレシピ 石けんシャンプー用リン酢

毛根を刺激し髪質を強化するトニック効果や、フケや抜け毛を予防し髪の毛の再生促進効果が期待できるローズマリーを活用したハーバルリンスです。

[材料]
・ハーブビネガー ローズマリーインフューズド 300㏄(☛ハーブビネガーの作り方
・精油ローズマリー 10滴

◎浸けこみ終わったローズマリーの葉は、サッシェにして箪笥に入れたりハンガーに吊るして防虫剤として再利用できます。植木のマルチング材にすれば駆虫の他、土の乾燥や泥はねを防いだり、雑草の発芽を抑制してくれます。

[作り方]
材料をよく混ぜ合わせれば出来上がりです。

[使い方]
石けんをよく洗い流してから、お湯1リットルに対して大匙1のリン酢を加えて髪の毛に馴染ませながら濯いで下さい。最後にお湯だけでもう一度濯ぎます。リン酢をスプレーヤーに保存しておき、髪に吹きかけて使うのも髪に満遍なく行き渡るのでオススメです。
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。