エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > 食材保存方法

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

果物の保存方法

オレンジ・ネーブル・みかん
⇒冷暗所で重ねないように置いて保存します。または保存用ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。(3週間位)

ゆず
⇒皮をせん切りにしてパックに入れて冷凍保存できます。(1カ月位)

レモン
⇒保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。(2週間位)
カットしたものはラップで包み野菜室へ。(2-3日位)

リンゴ
⇒保存用ポリ袋に入れて口を閉じずに野菜室で保存します。(1週間位)

ナシ
⇒水分が失われないように保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。(1-2週間位)

バナナ
⇒バナナは寒さに弱いため基本的に常温保存します。ビニール袋に入れておくと自ら出すエチレンで追熟しやすくなります。皮が黒くなりすぎたらジュースやカレーに加えて使うと美味しいです。

キウイ
⇒熟したものなら保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。(1週間位)
追熟に時間がかかる果物なのでリンゴと一緒にビニール袋に入れておくとエチレン効果で早く熟します。

スポンサーサイト
 
 

野菜保存|きのこ類・豆類・香辛野菜

【きのこ類】

しいたけ
⇒保存用ポリ袋に裏面を上にして並べて野菜室で保存します。ザルや新聞紙に裏面を上にして並べて天日干しして干しシイタケにするのもおすすめです。

しめじ・マイタケ・えのき茸
⇒買った時のパックに入れたまま野菜室で保存します。(2-3日位)

【豆野菜】

枝豆
⇒冷蔵保存すると味がとても落ちてしまう為、できれば塩ゆでして冷めたものを冷凍保存します。冷蔵保存する場合は枝をつけておけば多少長持ちします。

さやいんげん・モロッコいんげん
⇒買った時の袋から出して保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。(3-4日位)

絹さや・スナップえんどう
⇒買った時の袋から出して保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。(4-5日位)

【香辛野菜】

にんにく
⇒常温保存できます。湿気ると香りがとんでしまう為皮付きのまま涼しい場所で吊るしておきます。(一カ月位)

しょうが
⇒表面が乾くように管理すれば常温保存できます。(4-5日位)
使いかけのしょうがは水気を拭き取ってラップし野菜室で保存します。(一週間位)

しそ
⇒軽く湿らせたペーパーに一枚ずつ乗せたものをラップで包み野菜室で保存します。(3-4日位)
せん切りしたものをパックに入れて冷凍も可能です。(1-2週間位)

みょうが
⇒冷蔵保存は3-4日位まで。せん切りしたものをラップしパックに入れておけば冷凍保存できます。(2-3週間位)

パセリ
⇒水を入れたグラス等にパセリをさして野菜室で保存します。(1週間位)
冷凍であれば、みじん切りしたものを一回分ずつ小分けにして冷凍用パックに保存します。(2-3週間位)

にんにくの芽
⇒ラップに包んでから野菜室で保存します。(3-4日位)
 
 

野菜の保存|根野菜・いも類

【根野菜】

玉ねぎ
☛風通しのよいネットやかごに入れて冷暗所で保存します。皮をむいたりカットしたものはラップに包み保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。冷蔵庫のなかで芽がでてしまった場合は芽が出た上部を横に切って切り口を水に浸けておけば葉がでて食べることができます。

大根
☛買ってきたらすぐに葉と根を切り分けます。葉は保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。根はラップに包み野菜室で立てて保存します。

人参
☛新聞紙に包んでから保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。

ごぼう
☛泥つきごぼうは新聞紙に包んで冷暗所に置けば3週間くらいはもちます。洗ってあるものは、濡らしたペーパーに包んでから保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。

【いも類】

じゃがいも
☛買った時の袋のままでは蒸れて傷みやすいので新聞紙に包んで冷暗所で保存します。一カ月位保存できます。
その際、リンゴと一緒に保存するとリンゴから出るエチレンが芋の発芽を抑制してくれます。太陽に当たってしまうとソラニンが出て青くなり苦味も出てくるので注意します。

さつまいも
☛寒さに弱く乾きやすいので新聞紙に包んで冷暗所で保存します。夏をのぞけば一カ月位はもちます。

さといも
☛少々湿った状態で皮付きのまま新聞紙で包んで冷暗所で保存します。(約3週間)

 
 

野菜の保存|葉野菜・実野菜

㌽1 野菜は呼吸しているので、できれば野菜専用の袋で保存します。ない場合は袋の口を開けておきます。

【葉野菜】

キャベツ・レタス
☛芯をくりぬいて水で濡らしたペーパーを詰め、保存用ポリ袋に入れておきます。

冬白菜
☛3枚位重ねた新聞紙に包んで冷暗所で保存します。

ほうれん草・小松菜・春菊・水菜
☛傷んでいる葉を取り除き、霧吹きで水をかけ新聞紙で包みます。保存用ポリ袋に入れ野菜室に立てて保存します。

セロリ
☛葉と茎を切り分け、葉は保存用ポリ袋に入れ、茎はペーパーで包んでからポリ袋で保存します。

長ネギ
☛冬は新聞紙で包み、立てた状態で冷暗所で保存します。泥つきのものは泥をつけたまま保存すれば一カ月はもちます。夏は適当な長さに切ってから保存用ポリ袋に入れ野菜室で保存します。

【実野菜】

トマト
☛青さが残っているトマトは室温で保存します。完熟トマトは野菜室でヘタを下にして平らに並べて保存します。

茄子
☛冬は常温で保存し、夏は保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。低音障害をおこしやすいので冷やしすぎに注意します。

ピーマン・パプリカ
☛買った時の袋から出して保存用ポリ袋に移して野菜室で保存します。

きゅうり・ゴーヤ
☛保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存。低音障害をおこしやすいので冷やしすぎに注意します。

ブロッコリー
☛保存用ポリ袋に入れて野菜室で保存します。すぐに食べない場合はゆでて冷凍しておきます。

かぼちゃ
☛切ってあるものは種とワタを取り除いてラップで包み野菜室で保存します。丸ごとなら冷暗所で3カ月位もちます。






 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。