エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > Tag > レモングラス

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

レモングラスの効能と成分

【レモングラスの成分】
ファルネソール、ゲラニオール、ネロール、シトラール、シトロネラール、リモネン、ミルセン

【レモングラスの薬理作用】
強壮作用、駆風作用、抗うつ作用、催乳作用、殺菌作用、殺真菌作用、殺虫作用、
刺激作用、疾患予防作用、消化促進作用、消毒作用、デオドラント作用、利尿作用

*心理作用*
不安や落ち込みを緩和しリフレッシュする。心を刺激し、生気を回復する

*肉体的作用*
消化不良、胃腸炎、咽頭痛、喉頭炎、呼吸器系の感染症、筋肉痛、皮膚の弛緩、足の疲れ、ジェットラグ、
虫除け、母乳の出をよくする、デオドラント、開いた毛穴、皮脂の分泌のバランスをとる、水虫、真菌感染症

*注意*
妊婦、子宮ガン、乳ガン、前立腺ガン、緑内障の患者などには使用しない。
肌の弱い人、乳幼児には使用しない。
スポンサーサイト
 
 

ミョウバン消臭スプレーの作り方(レモンティーの香り)

世界最古の天然消臭剤ミョウバン

ヨーロッパでは古くからミョウバンが結晶化したアルム石を肌に塗ってニオイ対策に役立てていたそうです。
水虫菌に有効とされる紅茶ポリフェノール(テアフラビンやテアルビジン)とデオドラント効果の高い精油も活用したレシピになっています。レモンティーのような芳香で消臭と殺菌効果を発揮、ミョウバン水の水分が蒸発すると、ミョウバンが肌に残留して足裏の清潔を保ってくれます。
玄関マットや靴にスプレーすれば、精油成分が玄関からの虫の侵入も防いでくれます。
また、紅茶ポリフェノールはボツリヌス菌、大腸菌O-157などにも有効であることが確認されており、食中毒対策用のキッチンスプレーとして使うこともできます。

ミョウバンの効果
・酸性によるニオイ菌の抑制
・汗の分泌を抑えることによってニオイの元を作らない
・酸化還元反応による金属消臭によってニオイそのものを消臭する
・汗の成分アンモニア(アルカリ性)を中和消臭する

【材料】200㏄スプレーヤーの分量
・焼ミョウバン※・・・6g (濃度3%)
・紅茶リーフ・・・1-2g
・精製水・・・60㏄
・無水エタノール・・・140㏄ (濃度70%⇒細菌に対して最も消毒効果が高い)
・精油レモングラス・・・10滴(防虫、抗真菌、白癬・水虫・疥癬等の予防) 
・精油シトロネラ…10滴(防虫、抗真菌、アンモニア臭の吸収)

※生ミョウバンを使う場合は量を倍にしてください

【作り方】
①ガラス製スプレーヤーに注いだエタノールの中に滴下した精油をよく溶かします。
②精製水を沸かし、60㏄分の紅茶を作ります。
③飲みたくなる衝動をこらえます。
④紅茶が熱いうちにミョウバンを加えて良くかき混ぜます。最初は濁っていますが、しばらくかき混ぜていると完全に溶けてきます。冷めた紅茶の場合でもミョウバンは水溶性の為、半日から一日放置で溶けます。ミョウバンを溶かす前に乳鉢で粉状にすりつぶしておくとラクです。
⑤スプレーヤーに移し入れ、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※紅茶の色づき(テアフラビン色素)にお気をつけ下さい。
※容器や使用器具は殺菌消毒してお使いください。
※使う前はパッチテストを行なってください。
 
 

咳・かゆみ・痛みを鎮める軟膏の作り方

冷えによる神経痛や腰痛、風邪による呼吸器疾患、乾燥による痒み、しもやけ・あかぎれ等、寒い時期特有の症状に効く軟膏のレシピです。血行を促進し痛みを和らげ、背中や胸などに塗ると呼吸を楽にしてくれます。

【材料】
精油ベンゾイン(安息香・鎮咳・去痰・鎮痒・防腐)…2滴
精油サイプレス…1滴
精油ラベンダー…1滴
精油ペパーミント…1滴
精油パイン…1滴
精油ローズマリー…1滴
精油レモングラス…1滴
植物オイル…30ml
蜜蝋(ビーズワックス)…6g

【作り方】
①蜜蝋と植物オイルを耐熱容器に入れて湯煎で溶かします。
②粗熱がとれたら、精油を滴下し良くかき混ぜます。
③保存瓶に流し込み冷めて固まれば出来上がりです。

※直射日光の当たらない場所で保存

◎リップチューブに流し込んで携帯すると便利です(唇ケアとしても使えます)

【用途】
風邪 喘息 気管支炎 鼻水 鼻づまり 頭痛 筋肉痛 関節痛 腰痛 神経痛 リウマチ
老人性掻痒 ひび あかぎれ しもやけ 切り傷 擦り傷

主な成分と効能
ゲラニアール、ネラール、バニリン=鎮静、炎症を抑える
酢酸リナリル、安息香酸、=鎮静、真菌の繁殖を抑え感染を防ぐ
カンファー、メントン、イソ-メントン=粘液の流動性を高め、粘膜を鎮静し分泌過多を治す
1,8-シネオール=粘液を排出させる
α-ピネン=鎮痛、ウィルスを抑制する、発汗を促し体温を下げる
 
 

ハーブビネガー リン酢の作り方

フルーツ酸たっぷリン酢 フルーティーシトラスの香り

クエン酸やビネガーにはミネラルの他に、皮膚の再生を促すことで知られるAHAというフルーツ酸が含まれています。
お掃除にも大活躍のクエン酸水ですが、化粧品グレードのものじゃないと分子が大きすぎて肌や髪に浸透しないため、浴室保管にも耐えられ日持ちもし、ついでにハーブの漬込みもできる酢/ビネガーを有効利用したレシピになっています。
ハーブにはそれ自体にクエン酸が豊富に含まれているハイビスカスと毛母細胞を活性化してくれるアミノ酸を含有し、毛根に栄養を与え外部刺激を受けにくい健康な髪にしてくれるオレンジピールを。またヘアケアには欠かせないベタインが、石けんシャンプーの刺激を和らげてフケや頭皮の痒みも抑えてくれます。

ベタインの効果
・フルーツ酸よりも穏やかな角層柔軟効果
・保湿・静電気防止
・界面活性剤の刺激緩和
・髪の毛の柔軟性や弾力性改善
・キューティクル保護作用

[材料]
・ハーブビネガー オレンジピール※ 100㏄
・ハーブビネガー ハイビスカス※ 200㏄
・ベタイン 大匙1
・精油リッツァクペパ 15滴
・精油レモングラス 5滴

フルーツ入りハーブティーの出涸らし等でも構いません ハーブビネガーの作り方

[作り方]
材料をよく混ぜ合わせれば出来上がりです。
[使い方]
石けんをよく洗い流してから、お湯1リットルに対して大匙1のリン酢を加えて髪の毛に馴染ませながら濯いで下さい。最後にお湯だけでもう一度濯ぎます。
(リン酢をスプレーヤーに入れて、直接吹きかけて使うのも髪に満遍なく行き渡るのでオススメです。)


クエン酸水やビネガーですすぐだけでは物足りない、
だけどオイルを髪につけるのは重たすぎるという方の為に↓
[応用編] トリン酢メントの作り方

リン酢300㏄の中に椿オイルなどの植物オイル10㏄を混ぜ合わせて下さい。
ドレッシングと同じ要領で使う前に必ず振って下さい。
ビネガーは酢酸という酸で、油もオレイン酸やリノール酸などの酸。
親戚のような関係なので混ざると親和します。
 
 

虫よけスプレーの作り方

日焼け止めもデオドラントも虫よけもこれ一本!虫SUNガード

夏は紫外線対策や虫よけ対策と肌に負担がかかります。
専用のクリームを何層にも重ねて塗ることなく、ひとつでいくつもの対策を叶えてしまうレシピです。
クレイ、酸化亜鉛、精油それぞれの抗炎症作用で刺されてしまった時のかゆみ止めとしても使え外出時に携帯しておくと便利です。

【材料】
・モンモリロナイト※(紫外線防止・皮膜形成・消炎・皮脂吸着) 小匙1
・酸化チタン 3g (紫外線カット)
・酸化亜鉛  2g (紫外線カット・消炎)
・精製水 60ml
・ローズマリーエキス(抗菌・抗炎症・防腐) 20ml ⇒エキス/チンキの作り方
・精油シトロネラ 5滴
・精油レモングラス 3滴
・精油ペパーミント 4滴

その他、防虫効果の高い精油…ラベンダー、ゼラニウム、レモンユーカリなど

国産ナトリウム・モンモリロナイト(210円) 送料無料

【作り方】
①モンモリロナイト・酸化チタン・酸化亜鉛を乳鉢でよくすり混ぜます。
②エキス、精油を滴下して、さらにすり混ぜます。
③精製水を少しずつ加えながら、さらに混ぜ合わせていきます。
④消毒した容器に流し込めば出来上がりです。

※冷蔵庫で保管しながら3ヶ月を目安に使い切ってください。使わない分は冷凍保存できます。
※パッチテストを行ってからお使いください。
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。