エコ掃除方法・エコ洗剤の作り方・ホームケア方法・手作り家庭薬とコスメのレシピ集

Home > Tag > ラベンダー

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

乳化剤を使わない乳液/クリームの作り方

安眠と美肌を一挙両得
皮膚呼吸を妨げない乳液 モンモリロ★ナイトケア

あかぎれ、しもやけ、乾燥による肌荒れに良く効き、肌のハリを高める作用のほか、精神的疲労や消耗も取り去ってくれるベンゾインと不眠症を改善し寝ている間に新しい細胞の成長を促してくれるラベンダー、そして、有効成分を肌深部に届けて包摂し、翌朝まで水分の蒸散を防いでくれるモンモリロナイトを活用したクリーム様乳液です。バニラとラベンダーが絶妙にマッチした優しい芳香で、美肌のみならず夜間特有の呼吸器系疾患も穏やかに鎮めてくれます。
また、クリーミーでありながら伸びが良く、しっとりさらさらなつけ心地なので寝具を汚さずに済み、目元口元までふっくらに仕上げてくれるので美容オイル+アイクリームと重ね塗りする必要もなくなります。
紫外線防止効果やうろこ状の皮膜バリア能を有するモンモリロナイトが、皮膚の凸凹や毛穴を消して肌理を整えてくれるので、化粧下地、水仕事前のハンドヴェール、UVカット乳液やクリーミーファンデーション等にも応用可能です。

【材料】
精製水…60ml
植物オイル…40ml
蜜蝋…4g
精油ベンゾイン(安息香)…14滴 
精油ラベンダー…6滴
ナトリウム・モンモリロナイト※1…小匙4
ヨクイニンエキス※2(保湿・美白)…小匙1 
トレハロース(高保水能)…小匙1
ベタイン(高保湿)…小匙1
クエン酸(ph調整)…薬匙2

※1 ねんどの粉(210円)送料無料 ※2 ⇒チンキ/エキスの作り方

【作り方】 
①精製水、モンモリロナイト、トレハロース、クエン酸を良く混ぜ合わせて5分程置いておきます。
 クレイが水分を含んで膨らんできます。
②その間に耐熱容器に入れたオイルと蜜蝋を湯煎しながら良く溶かします。
③火を止めて①を数回に分けて少しずつ投入しながら、素早く混ぜていきます。
④モンモリロナイトの乳化作用で油分と水分が混ざり合い、乳液状になってきます。
⑤お湯から引き上げ粗熱がとれたら精油を滴下し、良くかき混ぜれば出来上がりです。

※ベンゾインによる防腐作用で常温保存可能ですが、1-2週間程度で使い切るようにしてください。
スポンサーサイト
 
 

ボディパウダーの作り方

あせも/湿疹対策、デオドラント、化粧崩れ防止に
マクロビオティックなボディパウダー

オーガニックコスメのアタノール(スイス)ロゼタピオカパウダーとENESSAのライコシルクパウダー(※)をもとに発案したレシピです。
鉱物のタルクは使わずに、植物性素材のコーンスターチ、タピオカ粉末、本葛粉末を主成分としています。
薄くセンシティブな赤ちゃんのお肌や大人の敏感肌に。化粧崩れやテカリ防止用ルースパウダーに。

※ミッシェル・オースティンが肌のトラブルが絶えなかった息子の為に『お肌にやさしい、でもしっかりと、そして速効に不快感をなくしてあげられる』パウダーを追究し作り上げたのがライコシルクパウダー。コスメの審美眼が優れ、いち早く「オーガニック」や「マクロビオティック」に寓目したロス暮らしのママたちの間で評判になり、全米へと広がりました。

【材料】
・コーンスターチ・・・小さじ2
・タピオカ粉(汗を吸着)・・・小さじ1
・本葛粉末・・・小さじ1
・ホワイトクレイ(カオリン)・・・ 小さじ4
・酸化亜鉛(湿疹・皮膚炎・汗疹・痒みに)・・・小さじ1
・精油ラベンダー(傷の修復)・・・8滴

【作り方】
乳鉢に材料を全て加え乳棒ですり混ぜれば出来上がりです。

※湿気をさけて密閉して保存して下さい。
※半年を目安に使い切るようにして下さい。
※お好みでハーブパウダーを加えても構いません。

◎タピオカ粉はお菓子作りは勿論、片栗粉の代わりとしてお料理に使えます。ホットケーキやパン作りに加えるとモチモチとした食感になります。
葛根湯の基材として知られている本葛粉は、葛湯にして飲むと体を温めてくれるので冷え性改善に、また腸壁を保護してくれるので胃腸の弱い方に重宝します。

◎首の後ろ、脇の下にパウダーを叩いてから洋服を着ると、汗ジミによる繊維の黄ばみや皮脂汚れの付着をふせいでくれます。









 
 

咳・かゆみ・痛みを鎮める軟膏の作り方

冷えによる神経痛や腰痛、風邪による呼吸器疾患、乾燥による痒み、しもやけ・あかぎれ等、寒い時期特有の症状に効く軟膏のレシピです。血行を促進し痛みを和らげ、背中や胸などに塗ると呼吸を楽にしてくれます。

【材料】
精油ベンゾイン(安息香・鎮咳・去痰・鎮痒・防腐)…2滴
精油サイプレス…1滴
精油ラベンダー…1滴
精油ペパーミント…1滴
精油パイン…1滴
精油ローズマリー…1滴
精油レモングラス…1滴
植物オイル…30ml
蜜蝋(ビーズワックス)…6g

【作り方】
①蜜蝋と植物オイルを耐熱容器に入れて湯煎で溶かします。
②粗熱がとれたら、精油を滴下し良くかき混ぜます。
③保存瓶に流し込み冷めて固まれば出来上がりです。

※直射日光の当たらない場所で保存

◎リップチューブに流し込んで携帯すると便利です(唇ケアとしても使えます)

【用途】
風邪 喘息 気管支炎 鼻水 鼻づまり 頭痛 筋肉痛 関節痛 腰痛 神経痛 リウマチ
老人性掻痒 ひび あかぎれ しもやけ 切り傷 擦り傷

主な成分と効能
ゲラニアール、ネラール、バニリン=鎮静、炎症を抑える
酢酸リナリル、安息香酸、=鎮静、真菌の繁殖を抑え感染を防ぐ
カンファー、メントン、イソ-メントン=粘液の流動性を高め、粘膜を鎮静し分泌過多を治す
1,8-シネオール=粘液を排出させる
α-ピネン=鎮痛、ウィルスを抑制する、発汗を促し体温を下げる
 
 

クエン酸スプレーの作り方と使い方

エタノールスプレー 精油、エタノール、クエン酸効果を活用したアロマコール
消臭スプレー、ルームスプレー、リネンスプレーなどにお役立てください。

【効果/作用】
無水エタノール…殺菌・消毒作用、油分溶解作用
クエン酸…除菌消臭作用、汗や尿汚れを中和、衣類の静電気防止

【作り方】200㏄スプレーヤーの分量
①エタノール100㏄をスプレーボトルに入れて、お好みの精油を40滴垂らして振り混ぜます。精油は水には解けないので必ずエタノールで先に混ぜ合わせます。
②次に精製水100㏄を加え、よく振ってください。
③最後にクエン酸小さじ2杯を加えて、よく振り混ぜれば出来上がりです。

※一カ月を目安に使い切ってください。

※精油はお好みでどうぞ。精油には大方抗菌効果があります。絨毯、カーテン、寝具、衣類用であれば防ダニ効果があり色のつかないペパーミントやラベンダーなどがおすすめです。トイレ用であればトリメチルアミンやアンモニア臭を吸着するシトロネラなどがおすすめです。



【使い方】
■衣類の消臭、しわとりに
■便器回りの尿の飛び散りを中和、消毒に
■便器の尿石、水垢を中和、付着防止に
■まな板の除菌消臭に
■冷蔵庫内の除菌消毒に
■カーテン・カーペット等の消臭消毒に クエン酸スプレーラベル
■タバコのヤニやニオイ消しに
■お部屋の乾燥やウィルス対策に
■タタミの黄ばみ防止に
■布製シートやソファの除菌消臭に
■車内の拭き掃除・ホコリ付着防止に
■洗面台やシンクの石鹸カスや水垢の付着防止に 

スプレーのラベルにお役立て下さい↑


ガラス製スプレー容器を簡単に作る方法
 
 

手作りシャンプーの作り方

頭皮を収斂し、さっぱりと洗い上げたい時に

【材料】
・精油ローズマリー 20滴
・精油ラベンダー  15滴
・精油ペパーミント 5滴
・ベタイン 10g
・シャンプーベース 400ml

【作り方】
保存容器にシャンプーorリンスをを入れ、精油を加え混ぜ合わせれば出来上がりです。
 
 

クエン酸柔軟剤の作り方

洗面所掃除も兼ねられる衣類の柔軟剤

[材料](500㏄容器の分量)
・クエン酸 450-480g (静菌・衣類の黄ばみ防止・静電気防止・花粉やほこりの付着防止)
・精油ラベンダー  20滴
・精油ゼラニウム  20滴 
・トレハロース 10g(衣類の消臭)

[作り方]
容器に材料をすべて入れて良くかき混ぜれば出来上がりです。 

[使い方]
石けんでお洗濯をした後、最後の濯ぎの段階でクエン酸柔軟剤を加えます。
目安:2リットルのお水に対して小さじ2杯程

◎洗濯ものをタンスにしまうたびに成分が揮発し、衣類そのものが防虫剤となってくれます。
◎クエン酸効果によって手洗いの際に洗面台や桶などへ付着する石けんカスや水垢を防止することができます。
◎石けんシャンプー後のリンスとしても使えます。髪をよく濯いだ後、洗面器のお湯に小さじ1程溶かして髪を濯いでください。アルカリで開いたキューティクルをひきしめる効果があります。化粧品グレードのクエン酸を使えばフルーツ酸効果も期待できます。
 
 

クレンジングミルクの作り方

乳化剤を使わないクレンジング乳液

乳液状なのでツルツルとした滑らかさで優しくそっと撫でるだけで汚れを浮き上がらせて、さっぱりと洗い流す事ができるメイク落としです。クレイのマイナスイオンがプラスを帯びた深部の汚れまで吸着してくれます。
軽いメイクでしたらダブル洗顔も不要です。

[材料]
・植物オイル…30㏄
・精製水…25㏄
・純粉石けん…10g
・クレイ… 小さじ2
・精油ラベンダー…6滴
・精油ベンゾイン…4滴
・ラベンダーエキス・・・5㏄(⇒ハーブエキス/チンキの作り方

[作り方]
①純粉石けんと精製水を耐熱ガラスに入れレンジで数秒ずつ加熱しながら石けんを完全に溶かします。
②植物オイルを加えて良く混ぜあわせます。石けんが乳化剤の役目を果たし乳液状になっていきます。
③クレイ、精油、ハーブエキスも加えて混ぜ合わせ、保存瓶に移し変えれば出来上がりです。
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。